講座のお知らせ

飼い主さんの心を癒やすバッチフラワーレメディ講座

愛犬と真剣に向き合って、本気で悩んできた飼い主さんに届けたい新講座です!

愛犬との生活は楽しいことばかり…犬と暮らす前はそう思っていませんでしたか?

確かに楽しいこと、幸せなこともあるけれど、
愛犬の行動にイライラしたり、落ち込んだり、周囲との関係に悩んだり…
次第に愛犬への愛情さえ自信が持てなくなってくる。

犬仲間やSNSで見る愛犬家たちはみんなキラキラと楽しそうなのに、自分だけがうまくいかないように感じてしまう。

「自分は飼い主失格?」

飼い主さんの中には誰にも打ち明けられず、苦しい気持ちをひとりで抱えている人も少なくありません。

マイナスの感情を持つのは誰にもあることで、決して悪いことではありません。
望ましくないのは、そのマイナス感情を隠したり放置してしまうこと。
蓋をした感情が、いつか爆発してしまうことのほうが怖いのです。

辛い気持ちを解放してくれるバッチフラワーレメディ

バッチフラワーレメディは、自然の花や草木から作られた38種類のナチュラルなエッセンス(レメディ)を使う自然療法です。植物の持つエネルギーが、私達のマイナス感情(不安、心の傷、トラウマ、苛立ちや怒りなど)を癒やし、乱れた心のバランスを穏やかに整えてくれます。

38種類のレメディはそれぞれ特徴があり、その時点での「自分のマイナス感情」にあわせて選びます。レメディを選ぶプロセス自体が、癒やしのための大切なステップです。

バッチフラワーレメディは、医師で細菌学者でもあるエドワード・バッチ博士によって、1936年にイギリスで開発されました。
植物から作られていますが、アロマオイルのように香りがするものではありません。薬ではないので副作用の心配がなく、赤ちゃんからご高齢の方、ペットにも安心して使うことができます。
今ではイギリスだけでなく世界各国で、広く愛用されています。

犬との生活で生まれるストレスとマイナス感情にフォーカス

今回の講座では、飼い主様の悩みに寄り添う形で、わかりやすくバッチフラワーレメディの使い方や選び方をお伝えします。

ひとつひとつのレメディのことを学びながら、あなたを癒やしてくれるフラワーレメディを選んでいきます。

これまで使った経験がある方はもちろん、初めてレメディに触れる方にもわかりやすい内容です。

講座では、分かりやすく具体的なシチュエーションを取り上げます。

  • 飼い始めたばかりで育児ノイローゼになっている
  • 慣れてきた頃に出てくる様々な悩み
  • シニア期の病気や老化に伴う変化に対する戸惑い
  • ペットロス症候群
  • 愛犬を取り巻く周囲との関係の悩み

愛犬との生活で悩んでいる方や辛い気持ちになっている方、いろいろな状況の方にご参加いただけます。

38種のレメディの説明(どのような感情の時に使うと良いか)は、愛犬との生活で生まれるストレスとマイナス感情にフォーカスしてお伝えします。

レメディを選ぶ過程を通して自分自身の本音を素直に受け止めることが、辛い気持ちを癒やす第一歩です。そこから愛犬との生活はより笑顔あふれる時間に変わっていくと思います。

※ペットの問題行動などは、フラワーレメディだけですべて解決できるものではありません。獣医師やトレーナーに相談するなど、適切な対応も必要です。

※フラワーレメディはお薬ではないので、飲んですぐ大きな効果が出るものではありません。ゆっくり穏やかな変化を感じていただければと思います。

ご予約はこちら

【講師プロフィール】

「風来&Sun」 小島真由美

パピーの頃からトラブル続きだった愛犬のミニチュアシュナウザーと暮らす中、普段の生活に無理をせず取り入れられ、未病の段階で自ら出来るケアの必要性を感じ、人にも動物たちにも優しいホリスティックケアを学ぶ。

使用後の自身と愛犬の変化をきっかけに、身体の不調の要因となる精神面の不安定さをサポートするバッチフラワーレメディに魅力を感じプラクティショナーになる。

ホリスティックケアは敷居が高い特別なものではなく、誰でもシンプルに取り入れられるものです。
今よりもたくさん「飼い主とわんこの楽しくておいしい穏やかな時間」を過ごしていただきたくハーブやマッサージなどの提案もしています。

現在オンラインでカウンセリング、マンツーマン講座を実施。

第1,2回ワンボナに参加。特別講座も開催。

英国バッチ財団登録プラクティショナー
ASN認定アニマルホリスティックケアセラピスト
ペットロスケアマネージャー

ホームページ

ブログ